• ぱちんこパチスロ情報ステーション

S GⅠ優駿倶楽部3 目立った穴のないバランス良好な機種


 土井氏は、「目立った穴ナシ」とコメント。ここがダメ、といった点は見受けられないと付け加えた。

 「初代」は期待は低かったが、“周期抽選のゲーム性”が高く評価され、ふたを開けてみれば稼働貢献30週と高実績を残した。一方「前作」は、期待に反して失速してしまった。そんな過去2作を経て、「今作」はどう仕上げてくるのか注目していた。

 「今作」のゲームフローは、150枚ほど獲得可能なBBの後、40%でATに移行する。平均TYから計算すると、約180ゲームほど体感することができ、バランスが良いと評価した。

 その他、“有利区間イノベーション”と銘打っているが、6号機は期待感との乖離が生じやすい傾向にあるため、「絶対衝激Ⅲ」のように、“6号機でもこれなら打てる”というイメージを付けられれば、稼働も付いてくるのではないかと考察した。


認知度抜群のシリーズ第3弾!

 コナミアミューズメントを代表するパチスロ機となったGⅠ優駿倶楽部の第3弾。

低ベース機で、50枚あたりのゲーム数は、37.0Gとなる。


【世の中の反応】

コナミ YouTubeチャンネル:PV

公開日:2021/5/17

再生数:0.3万再生(2日間)

評価:高評価33、低評価9

コメント:非公開



(C)Konami Amusement




動画出演コメンテーター紹介

株式会社エーゼットエンターテインメント代表取締役

中嶋 優(なかしま ゆう)

業界最大手の法人に新卒として入社。新規プロジェクトや全社プロジェクトなどホール経営全般に携わる。

転職した経営コンサルティングファームでは、初年度年間フィーの記録を樹立。

独立後は、単店から大手法人まで、幅広く経営支援を行う。


株式会社フェローズ代表取締役

土井 順平(どい じゅんぺい)

大手パチスロメーカーにて、プロモーション業務に従事。

その後、開発会社、販売会社にて戦略立案から機種プレゼンテーションまで多岐にわたり活躍。

2014年、商品ポテンシャルを言語化してPRする会社「フェローズ」を設立。営業資料製作は15メーカー100機種超えの実績を誇る。.



#パチスロ #コナミアミューズメント #AT