• ぱちんこパチスロ情報ステーション

S パチスロ青の祓魔師 コアファンへのアピールが重要

最終更新: 1月20日

人気コンテンツであることをアピール 

 中嶋氏は、「コアユーザーへのアプローチ」とフリップを提示。

 「青の祓魔師」は、「週刊少年ジャンプ」の兄弟誌である「ジャンプSQ」で連載中のコンテンツ。コアファンの多いコンテンツではあるが、中~年配層は全く知らない人も多く、しっかり告知・運用して、稼働を付けていくことがポイントだと語る。

 スペックは、純増約9.0枚でいわゆる「Re:ゼロ」タイプのため、高純増の機械の多い市場では埋もれてしまう可能性を指摘。しっかりとゲーム性を伝えていくことが重要であると語った。


若年層には高い知名度

 高橋氏は、「とある3,100万部 青エク1,700万部」とコンテンツの実績について紹介。

 若年層には有名な漫画で、“深いコンテンツ”だとした。こういったコンテンツにはアンチが少なく、“深いファン”が多いこともあり、フリップを「版権が全てではないが欠品はしたくない」とした。


マンガ発 多岐に渡るクロスメディア展開

 アニメ/映画/舞台化もされた人気コンテンツ、初のパチスロ化。

 純増約9.0枚のATは、転落しない無敵ゾーンと、レア役で無敵ゾーンに戻る自力ゾーンがあり、手に汗握るゲーム性が特徴。


【世の中の反応】

調査中


導入日:3/14~


(C)加藤和恵/集英社・「青の祓魔師」製作委員会・MBS(C) OLYMPIA



コメンテーター紹介

株式会社エーゼットエンターテインメント代表取締役

中嶋 優(なかしま ゆう)

業界最大手の法人に新卒として入社。

新規プロジェクトや全社プロジェクトなどホール経営全般に携わる。転職した経営コンサルティングファームでは、

初年度年間フィーの記録を樹立。独立後は、単店から大手法人まで、幅広く経営支援を行う。



高橋和輝事務所代表

高橋 和輝(たかはし かずてる)

パチンコ業界人のための情報サイト

「P-media Japan」を運営。

全国各地のホール事例を元に、コンサルタント業務・アドバイス業務などを手掛ける。

ゴールドマン・サックス社が主催する機関投資家向けセミナーなど実績多数


株式会社フリコユラス代表取締役

吉田 真晃(よしだ まさあき)

6店舗のチェーン店が、関東進出し23店舗に育つ過程を経験。

最年少で店長に昇格、複数の新店立ち上げを担当し、20店舗の統括責任者に。

新たなステージを求め、コンサルタント法人を設立。

2期目にしてホール・メーカーなど31法人と契約。

年間コンサルティング件数は253本にものぼる。


#パチスロ #AT #オリンピア #中嶋優 #高橋和輝