• ぱちんこパチスロ情報ステーション

Sパチスロマクロスデルタ 1周期目の強CZで即ヤメ防止!

ひと工夫ある有利区間

 涌嶋氏は、本機をハイリスクハイリターンと評した。

 低ベース×高純増の機種は今までになかったため、そこが注目ポイントだが、本機最大のポイントはゲームフローだと語る。

 有利区間開始後1周期目は、「極限バルキリーゾーン」への突入抽選があり、突入時は勝利で2,400枚獲得、敗北時でも天井が最大222pに設定される他、AT直撃を引けば超天国へ移行するなど、強い恩恵がある。そのため、AT後即ヤメが出来ない仕様になっている点に注目した。

 今までの高ベース×高純増の機械とは一線を画す仕様であり、GW商戦でも活躍してくれるのではないかと期待を寄せた。


高純増がユーザーにどう捉えられるか

 土井氏は、高純増で速い出玉スピードと市場投入のタイミングから。本機を「速いけど遅い」と評した。

 いわゆる「Re:ゼロタイプ」が食傷気味である点と、若年層人気の高いコンテンツのため、ネット上での前評判が芳しくない状況がある。しかし、同タイプの「シャア専用パチスロ逆襲の赤い彗星」は、稼働貢献10週の実績があるため、ホールの支えになる可能性もあるとした。


低ベース×高純増

 人気シリーズ最新作。低ベース×高純増の減算区間なしのストレートATで登場となる。

ぱちんこでも評価が高かった作中楽曲も数多く搭載されている。


【世の中の反応】

SANKYO YouTubeチャンネル:スペシャルPV

公開日:2021/2/18

再生数:3.2万再生(12日間)

評価:高評価227/低評価73

コメント:非公開


(C)2015 BIGWEST/MACROSS DELTA PROJECT

(C)SANKYO



コメンテーター紹介


株式会社フェローズ代表取締役

土井 順平(どい じゅんぺい)

大手パチスロメーカーにて、プロモーション業務に従事。

その後、開発会社、販売会社にて戦略立案から機種プレゼンテーションまで多岐にわたり活躍。

2014年、商品ポテンシャルを言語化してPRする会社「フェローズ」を設立。

営業資料製作は15メーカー100機種超えの実績を誇る。


高橋和輝事務所代表

高橋 和輝(たかはし かずてる)

パチンコ業界人のための情報サイト

「P-media Japan」を運営。

全国各地のホール事例を元に、コンサルタント業務・アドバイス業務などを手掛ける。

ゴールドマン・サックス社が主催する機関投資家向けセミナーなど実績多数。


ワクワクランド 代表

涌嶋 士郎(わくしま しろう)

1992年大手パチスロメーカーに入社。代行店勤務を経て1996年ワクワクランドを設立。

導入前の見本機を何度も試打することで、機種の特性・能力を正確に把握し、購入適正台数や活用方法などの提案をするコンサルティング活動を展開中。セミナー・勉強会など多数講演。


#パチスロ #AT #SANKYO #土井順平 #涌嶋士郎