• ぱちんこパチスロ情報ステーション

Sゴッドイータージ・アニメーション 人気シリーズ最新作は純増変動型AT 6号機をとりまく風潮が厳しいか

最終更新: 1月14日

他県を参考に導入計画を立てるのも手段

高橋氏は、「スロットは逆算で!」とフリップを掲げた。本機は詳細数値が未発表。

そのような場合は選定基準として逆算が必要だと語る。

具体的に、岡山県では「凱旋」が一か月前に撤去されて、「沖ドキ!」も無い状況。稼働自体は2週間で-4%、さらに2週間で-10%と想定より落ち込んでいないものの、確実に落ちてはいく状況。主力機種の撤去により、稼働が落ちることと、「ジャグラー」がどのくらい確保出来るかを計算し、そこから逆算して導入可否、台数を決めるべきだとした。


高ベース6号機の実情は厳しい

山本氏は、「ベース51Gの時点で既存の6号機と同様の貢献度だろう」とやや厳しい評価。

最近はほとんどの機種が機械代の回収すら厳しい状態だと述べ、高橋氏とは異なった、1機種1機種都度判断する目線でとらえているとのこと。ベースが51Gの場合、大当り時の魅力は少なくなっていると予想。高ベースでも魅力ある機種はあったため、どうしたら増やしていけるのかを軸足にして考えていくべきとした。


自分のヒキが重要なゲーム性

2010年から続くゲームを中心としたシリーズ。本機はアニメ版とのタイアップ機。

アニメーション制作は「鬼滅の刃」などの人気作も手掛けているufotable。

アラガミバーストAT中、1Gあたり純増2.5~8.0枚の純増変動タイプになっている。

有利区間1G目から自力抽選があり、AT中の上乗せも自力抽選など、高純増ATの中でも一風変わったシステムが特徴的だ。


再生数好調! シリーズファンの初動に期待

シーズリサーチ実施の性別、年代別の遊技者アンケートでは、女性や20代~50代の若年層からの支持が厚く、全体の約70%のユーザーが打ってみたいと回答した。


【ユーザーの声】

「原作のファンで世界観が好き」

「前作のゴッドイーターが面白かったからぜひ打ちたい」

「出玉に爆発力がありそう」

「かっこいいから」

「ゴッドイーターシリーズのファンだから」

「前作のゴッドイーターが面白かったから」


【世の中の反応】

山佐YouTubeチャンネル:PV 公開日:2020/12/7 再生数:2.3万再生(14日間) 評価:高評価110/低評価が30

コメント:非公開

JANBARITVチャンネル:まりも氏による試打動画 公開日:2020/11/26 再生数:9.2万再生(8日間) 評価:高評価290/低評価139 コメント:

6号機全般に対する不満の声も散見されたが、本機独自のシステム(自力抽選・純増変化)に期待を寄せる声もあった。


導入日:2/7~


(C)BNEI/PROJECT G.E. (C)BANDAI NAMCO Sevens Inc. (C)SEVENLEAGUE (C)YAMASA NEXT (C)YAMASA



コメンテーター紹介


高橋和輝事務所代表

高橋 和輝(たかはし かずてる)

パチンコ業界人のための情報サイト

「P-media Japan」を運営。

全国各地のホール事例を元に、コンサルタント業務・アドバイス業務などを手掛ける。

ゴールドマン・サックス社が主催する機関投資家向けセミナーなど実績多数



株式会社 並ばせ塾代表

山本 和生(やまもと かずお)

学生時代スロプロを経てホールに入社。

関東・中部・関西、大小4社を渡り歩き、配属2か月以内に次々と稼働倍増を達成したことで

在職中より名を上げ独立。

SNS運用でユーザー支持を集めた第一人者でもある。


#パチスロ #セブンリーグ #AT