• ぱちんこパチスロ情報ステーション

PAウイニングボール 薄利でも3ヶ月で回収可能 キャッチコピーを要検討

ユーザーを引き付ける施策が必要

 吉田氏は、「一度は当てて帰りたい方へ」とコメント。

 本体価格を考えれば、台粗利2,000円で運用しても3ヶ月で回収可能な点は非常に魅力的。しかしながら、放っておいても動くような機種ではないため、大当り確率の軽さをアピールするためのキャッチコピーが必要だとした。そこがお客様に認知されれば、長期設置しておける機種になるのではないかと述べた。


粗利重視の運用も!?

 高橋氏は、運用についてコメント。新台はアウト数値に目がいきがちだが、利益を重視する考え方もある。利益を稼ぐ機種として活用するのもアリではないか、と語った。


コアな人気のある役モノ機

 “ハネのないハネモノ”として登場。豊丸産業公式ネットショップ「とよマーケット」から注文可能。


【世の中の反応】

豊丸 YouTubeチャンネル:PV

公開日:2021/7/5

再生数:3.0万再生(8日間)

評価:高評価48/低評価4

コメント:非公開


(C)TOYOMARU





#ぱちんこ #ハネモノ #9月導入機種 #豊丸 #吉田真晃