• ぱちんこパチスロ情報ステーション

P FAIRY TAIL2 新システムのバトルを搭載 ライトミドルへ変更されたスペックに注目して検討を

最終更新: 2020年12月24日

軸となる要素を注視

 土井氏は、「枝より幹を」とフリップを掲げた。一見、2,000発の払い出しやランクアップバトルなど新要素に注目しがちだが、これはあくまで“枝”であり、注目すべき”幹”は、前作ミドルから今作ライトミドルへと、TSを変更している点であるとした。

 現在、遊タイムとの親和性などからライトミドルスペックが評価されているため、その要素を軸に検討すべきだと語った。


バトル発生はガチ確率! 業界初のシステムを搭載

 週刊少年マガジンにおいて10年以上連載され、アニメも長期間放送された大人気作品のぱちんこ化2作目。前作から3年ぶりの登場となる。

 スペックはライトミドルの一種二種混合機。業界初のスペックとして、バトル敗北時、次バトル発生時に勝利期待度が上がる“ランクアップバトルシステム”を搭載している。バトル発生率は一律1/28.5。

 右打ち中の大当りは1000発or2000発の払い出しが得られるなど、ボリュームのある出玉感が特徴的。


全体的に遊技意欲は高め

 シーズリサーチ実施の性年代別の遊技者アンケートでは、男性では若年層に比べて年配層の遊技意欲が高かった。


【ユーザーの声】

・原作のフェアリーテイルが好き [40代・男性]

・設定が面白そう [20代・女性]

・演出が気になる [40代・男性]

・バトルが発生すればチャンスになる分かりやすさが良い [20代・女性]


【世の中の反応】

藤商事YouTubeチャンネル:PV

公開日:2020/12/11

再生数:4.1万再生(7日間)

評価コメント:非公開


しまんくすYoutubeチャンネル:試打

公開日:2020/12/10

再生数:1.4万再生(7日間)

評価:高評価43/低評価24

コメント:コメント欄にはスペックに対する書き込みが多く、「ライトミドルなら特殊スペックでも手が出しやすい」など、前作からスペックを変更し、ライトミドルでの登場となったことに好意的な意見が寄せられていた。


納品日:2/7~

©真島ヒロ/講談社 ©真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京




コメンテーター紹介


株式会社フェローズ代表取締役

土井 順平(どい じゅんぺい)

大手パチスロメーカーにて、プロモーション業務に従事。

その後、開発会社、販売会社にて戦略立案から機種プレゼンテーションまで多岐にわたり活躍。

2014年、商品ポテンシャルを言語化してPRする会社「フェローズ」を設立。

営業資料製作は15メーカー100機種超えの実績を誇る。


株式会社フリコユラス代表取締役

吉田 真晃(よしだ まさあき)

6店舗のチェーン店が、関東進出し23店舗に育つ過程を経験。

最年少で店長に昇格、複数の新店立ち上げを担当し、20店舗の統括責任者に。

新たなステージを求め、コンサルタント法人を設立。

2期目にしてホール・メーカーなど31法人と契約。

年間コンサルティング件数は253本にものぼる。




#ぱちんこ #藤商事 #ライトミドル #一種二種混合 #土井順平 #吉田真晃