• ぱちんこパチスロ情報ステーション

P 超ハネ獣王 設置場所により告知方法は要検討!?

コアファンに刺さる機種!?

 荒井氏は、本機はハネモノとは明確に区別する必要があると語る。

 というのも、本機の羽根の開放は、チャッカー入賞時の1/9.99であり、この点が大きく異なる。さらにV入賞時の50%で3,000個の出玉を獲得でき、これが連チャンするゲーム性。この手の役モノ台には一定のファンが存在するので、その人たちに届く告知方法が必要となると語る。


“ひと勝負”可能な一撃スペック

 サミーの人気シリーズで、ハネモノとしては初登場。サバンナチャンスに突入すると、一撃約3,000個の出玉を獲得できる。


【世の中の反応】

調査中



(C)Sammy


コメンテーター紹介


高橋和輝事務所代表

高橋 和輝(たかはし かずてる)

パチンコ業界人のための情報サイト「P-media Japan」を運営。

全国各地のホール事例を元に、コンサルタント業務・アドバイス業務などを手掛ける。

ゴールドマン・サックス社が主催する機関投資家向けセミナーなど実績多数。


株式会社チャンスメイト代表取締役

荒井 孝太(あらい こうた)

ぱちんこメーカー営業・開発を歴任後、遊技機開発会社チャンスメイトを設立。

ぱちんこ業界をより良く、もっと面白くするために遊技機開発業務の傍ら、ホール向け勉強会や、全国ホール団体等の講演会業務など広く引き受ける。



株式会社エスサポート 代表取締役

三木 貴史(みき たかし)

1999年パチスロ専門店の創業メンバーとして参画。

以降、グループ店舗の統括部長として指揮しながら、他店舗のコンサルティングにも携わる。

2007年、株式会社エスサポート設立。島配列設定配分、新機種選定など、ホール経営に有益な情報を届ける。業界紙への寄稿、講演会、全国ホールの営業支援など多方面で活躍中。



#ぱちんこ #特殊 #サミー #荒井孝太