• ぱちんこパチスロ情報ステーション

P 笑ゥせぇるすまん最後の忠告 100%突入コーナーを作って他機種との相乗効果を狙う

最終更新: 1月20日

ニーズのあるスペックを生かしてコーナー作り 

 中嶋氏は、「安心 100%STコーナーへ」とフリップを提示。

 「とある」のヒットでユーザーからのニーズの強くなった“確変突入率100%コーナー”への導線となる機種だとした。

 初当りを引けば次の大当りまで期待感が高まる機種だとし、本機の他、「とある」、「リング」などの確変突入率100%の機種と併せて入れることによって、相乗効果が見込めるのではないかとし、突入率100%機種コーナーを作ることを推奨した。


高稼働機種をさらに盛り上げるトリガーにも

 高橋氏は、「とあるからの 突入率100%×ライトミドル」とフリップを提示。

 中嶋氏と同様に、100%突入はひとつのキーワードになっているため、訴求していきたいポイントだとした。

 本機は多くのホールに導入されることが想定されるからこそ、しっかりと運用を考えたいと語る。突入率100%をアピールし、他の突入率100%の機械への流し込みも考えていくべきだとした。


突入率100%の王道転落スペック

 有名漫画のぱちんこ化シリーズ。前作から約2年ぶりの登場となる。

 転落タイプのライトミドルで、確変突入率は100%。右打ち中、電サポ100回転が補償されており、電サポ100回転以内に転落を引いていた場合は、電サポ100回転で右打ちが終了。

 転落を引いていなかった場合、転落まで電サポが継続するが、電サポ回数が100回を超えていた場合、転落を引いた時点で即終了となる。


【世の中の反応】

調査中


導入日:3/7~



(C)藤子(A)・シンエイ・中央公論新社, (C)Sansei R&D



コメンテーター紹介

株式会社エーゼットエンターテインメント代表取締役

中嶋 優(なかしま ゆう)

業界最大手の法人に新卒として入社。

新規プロジェクトや全社プロジェクトなどホール経営全般に携わる。転職した経営コンサルティングファームでは、

初年度年間フィーの記録を樹立。独立後は、単店から大手法人まで、幅広く経営支援を行う。



高橋和輝事務所代表

高橋 和輝(たかはし かずてる)

パチンコ業界人のための情報サイト

「P-media Japan」を運営。

全国各地のホール事例を元に、コンサルタント業務・アドバイス業務などを手掛ける。

ゴールドマン・サックス社が主催する機関投資家向けセミナーなど実績多数


株式会社フリコユラス代表取締役

吉田 真晃(よしだ まさあき)

6店舗のチェーン店が、関東進出し23店舗に育つ過程を経験。

最年少で店長に昇格、複数の新店立ち上げを担当し、20店舗の統括責任者に。

新たなステージを求め、コンサルタント法人を設立。

2期目にしてホール・メーカーなど31法人と契約。

年間コンサルティング件数は253本にものぼる。


#ぱちんこ #ライトミドル #転落 #遊タイム #サンセイR&D #中嶋優 #高橋和輝