• ぱちんこパチスロ情報ステーション

P わんわんパラダイスⅤ 長寿機種は大切に扱う 若年層にもアプローチを

最終更新: 1月20日

長寿シリーズだからこそ、幅広い層に 

 コロナによる影響で、ホールの主力である「海物語」シリーズの稼働支持率は-30%落ち込んでいる。ホールでは、海ユーザーの減少に伴って、「海物語」の設置比率を下げているが、本機は従来の海ユーザー以外のユーザーが遊技するかが重要になると中嶋氏は語り、フリップを「長寿機種の挑戦」とした。

 突入率が低いものの一撃性が高い本機は、若年層にもアピールできるほか、年配層の遊技時間が短くなる中で短時間勝負ができるスペックは貴重であるとし、ホール側からもスペックの特性を伝える努力をして欲しいと語った。


 中嶋氏のメモでは、甘デジの中では尖ったスペックとなるが、若年層向けには同時期導入の「AKB48桜ver.」に軍配が上がると予想。安心安全の海とはかけ離れた印象を受けるとしたが、ST突入時には甘デジとは思えない出玉に期待できることと、遊タイム発動までの規定回数は低いため、即ヤメが発生しにくい機種になる可能性について触れていた。


ユーザーにホールのやる気を伝える

 吉田氏は「海ユーザーにやる気を!!」とフリップを提示。中嶋氏と同様に、海ユーザーの減少について触れつつも、まだ海シリーズの遊技客比率が20%を占めるホールもあるとし、そういったホールはでは、本機も遊技していただけるような環境を作ることが重要であるとした。


 吉田氏のメモでは、初動が抜群に良いとは思わないが、中~高年齢層向けの機種運用は大切であるとし、「海物語」コーナーを簡単には見切るべきではないとした。


時短突破型の高継続ST

 本機は海物語ライクな演出が特徴の「海フレンズ」シリーズの最新作。

 初当りの97%で突入する時短で大当りを引くことで、約80%継続のSTを目指すゲーム性。  右打ち中の10R比率は22%となっている。


【世の中の反応】

調査中


導入日:3/7~



(C)SanThree



コメンテーター紹介

株式会社エーゼットエンターテインメント代表取締役

中嶋 優(なかしま ゆう)

業界最大手の法人に新卒として入社。

新規プロジェクトや全社プロジェクトなどホール経営全般に携わる。転職した経営コンサルティングファームでは、

初年度年間フィーの記録を樹立。独立後は、単店から大手法人まで、幅広く経営支援を行う。



高橋和輝事務所代表

高橋 和輝(たかはし かずてる)

パチンコ業界人のための情報サイト

「P-media Japan」を運営。

全国各地のホール事例を元に、コンサルタント業務・アドバイス業務などを手掛ける。

ゴールドマン・サックス社が主催する機関投資家向けセミナーなど実績多数


株式会社フリコユラス代表取締役

吉田 真晃(よしだ まさあき)

6店舗のチェーン店が、関東進出し23店舗に育つ過程を経験。

最年少で店長に昇格、複数の新店立ち上げを担当し、20店舗の統括責任者に。

新たなステージを求め、コンサルタント法人を設立。

2期目にしてホール・メーカーなど31法人と契約。

年間コンサルティング件数は253本にものぼる。


#ぱちんこ #甘デジ #ST #遊タイム #サンスリー #中嶋優 #吉田真晃