• ぱちんこパチスロ情報ステーション

P大工の源さん超韋駄天LIGHT ファン待望の甘デジ ミドルとの共存戦略とは?

ユーザー待望のスペック

 松岡氏は、本機の登場について「嬉しいプレイヤーが多いはず」と期待を寄せる。

 ミドルには手が出せないが、ライトであれば遊技したいという層は多く、また、すでにミドルを遊技しているファンの中にも、“大当りを引きたい”というニーズを持った層もおり、両方のユーザー層を取り込める機種である、と語った。


ミドルとライトの共存方法

 中嶋氏は、「ミドル」と「ライト」の両方を設置した場合、2割ほどのユーザーが「ライト」へ動くと予想。  そこで、まずは「ミドル」を一旦減台し、「ミドル」と「ライト」を共存させることが必要であるとした。その後、お客様が「ミドル」へと戻っていくようであれば、「ミドル」を増台し、「ライト」は別の場所に移動するといった運用で、2つの客層のニーズを満たすことが大切であるとした。

大人気機種の後発機

 昨年、大ヒットとなった「大工の源さん超韋駄天」のライト版。右打ち中の出玉は最大720個。92%の高継続タイプで、超韋駄天らしいスピードを兼ね備えている。


【世の中の反応】

調査中


(C)SANYO


コメンテーター紹介

株式会社エーゼットエンターテインメント代表取締役

中嶋 優(なかしま ゆう)

業界最大手の法人に新卒として入社。新規プロジェクトや全社プロジェクトなどホール経営全般に携わる。

転職した経営コンサルティングファームでは、初年度年間フィーの記録を樹立。

独立後は、単店から大手法人まで、幅広く経営支援を行う。



株式会社アカギ代表取締役

松岡 輝(まつおか あきら)

ぱちんこメーカーにて、開発業務に従事。「ステップアップ機」「歌ぱち」「サブ液晶機」など、数多くのヒット機種を手掛ける。

2012年、ぱちんこの開発に特化した専門会社「アカギ」を設立。“楽しく”“面白い”をモットーに、ぱちんこを未来へ繋ぐ業界再生屋として活動。


株式会社チャンスメイト代表取締役

荒井 孝太(あらい こうた)

ぱちんこメーカー営業・開発を歴任後、遊技機開発会社チャンスメイトを設立。

ぱちんこ業界をより良く、もっと面白くするために遊技機開発業務の傍ら、ホール向け勉強会や、全国ホール団体等の講演会業務など広く引き受ける。




#ぱちんこ #三洋物産 #甘デジ #一種二種混合 #松岡輝 #中嶋優