• ぱちんこパチスロ情報ステーション

閃乱カグラ2 ベンチマークは「モモキュンソード」 類似点も多く、同じ軌跡を描く!?

最終更新: 2020年10月30日

『閃乱カグラ2』と『モモキュンソード』は類似点多し

 荒井氏は、『閃乱カグラ2』と『モモキュンソード』との類似点を挙げ、「大当り確率」や「RUSH突入率・継続率」、「遊タイム」などのスペック設計はほぼ同じであり、さらに、使用されているIPも20〜30代の若者である点も似ているとし、高成績を残した『モモキュンソード』と同様の推移を描くのではないかと分析した。


 また、「突入率を少し低めに抑えることでその分を出玉に振っており、出玉の波の荒さはプラスに働くのではないか」と締めくくった。



高実績を残すライトミドルスペック

 『閃乱カグラ』は、マーベラスエンターテインメントから発売された、ニンテンドー3DS用ゲームソフトタイトル。ぱちんこでは、2016年に高尾より遊技機化され、販売台数は約3千台と振るわなかったものの、稼働貢献週は15週と、まずまずの高実績を残した。


 『閃乱カグラ2』は、ライトミドルスペックの1種2種混合機。RUSH突入率は45%、RUSH継続率は82%。遊タイム到達率は約4.9%、突入時の大当たり率はほぼ100%なので、『仮面ライダー轟音』『エヴァ決戦』などと同様の割合となる。

納品予定:12月20日

販売台数:調査中

続きは、ぱちんこパチスロ情報ステーションにてご確認ください。