• ぱちんこパチスロ情報ステーション

ファンキージャグラー2 導入必須の機種 どれだけ確保できるか!?

今後のための機種

 土井氏は、「アイムは22週 ファンキーは?」とコメント。

 6号機初のジャグラーシリーズ「アイムジャグラーEX」は、稼働貢献22週と6号機としては高実績だが、5号機のジャグラーと比較すると、一番結果が奮わなかった「アイムジャグラーEX(2016)」でも稼働貢献約40週であることから、ジャグラーシリーズとしては物足りなかったと振り返る。

 前作「ファンキージャグラー」が活躍中で、撤去期限も伸びたことから、今すぐどうこうとはならないが、今のうちに特性や使い方を考え、来年以降に備えるべきだとした。


導入必須。どれだけ確保できるか!?

 山本氏は、「ちょっと信じられない確率」とコメント。

 6号機の「アイムジャグラーEX」が発表された際も、6号機ではギリギリのスペックとコメントしていたが、本機はさらにそれを上回る合成確率となる。設定6の出玉率は109%と、「これだけのスぺックでジャグラーが登場することは、ユーザー目線でもホール運営者目線でも期待感しかない」と高く評価。どれだけ導入できるかに尽きるとした。


待望のジャグラー最新作!

 出玉率は97%~109%と、5号機「ファンキージャグラー」とほぼ同一の出玉率で登場。

6号機ジャグラーシリーズとしては2作目となる。


【世の中の反応】

調査中


(C)KITA DENSHI



動画出演コメンテーター紹介

株式会社フェローズ代表取締役

土井 順平(どい じゅんぺい)

大手パチスロメーカーにて、プロモーション業務に従事。

その後、開発会社、販売会社にて戦略立案から機種プレゼンテーションまで多岐にわたり活躍。

2014年、商品ポテンシャルを言語化してPRする会社「フェローズ」を設立。営業資料製作は15メーカー100機種超えの実績を誇る。


株式会社 並ばせ塾代表

山本 和生(やまもと かずお)

学生時代スロプロを経てホールに入社。

関東・中部・関西、大小4社を渡り歩き、配属2か月以内に次々と稼働倍増を達成したことで在職中より名を上げ独立。

SNS運用でユーザー支持を集めた第一人者でもある。





#パチスロ #Aタイプ #9月導入機種 #北電子 #土井順平 #山本和生